商品ができるまで (画像をクリックしていただくと拡大されます。)

STEP 01 地金を溶かし、摂氏1000度以上の火力をあて
液状にしていきます。

STEP 02 液状にしたものが、自然に固まるのを待ちます。


STEP 03 固まり、丸くなったものを、
もう一度熱し、地金を叩きやすい絶妙な温度まで
熱します。
STEP 04 地金が覚めないうちに叩き
長方形になるまで、手作業で叩きます。

STEP 05 まだ熱い地金のうちに、
この機械を使い、線状になるまで、
伸ばしていきます。
STEP 06 線状になったものを、また溶かし、
叩きやすい温度まで熱します。

STEP 07 ここからが、職人の腕の見せ所。
叩きながら、円状線状に、
自分の力加減で、作り上げていきます。
STEP 08 ここからリングの原型が出来上がってきます。


STEP 09 円状に叩き巻き上げたものを
切り落としていきます。

STEP 10 切れ目の入ったところを
ブレがないように、丁寧に手作業で仕上げていきます。
ここが職人の一番こだわるところです。

STEP 11 ブレ・ズレが無いように、
真円になったものが、こちらになります。

STEP 12 まだくっついていない部分を溶接するため
特殊な化学薬品を使い、その箇所だけ温度を変化させ
溶接していきます。

STEP 13 その溶接箇所の画像です。
おわかりのように、温度が変わるため、
炎の色も違います。

STEP 14 真円にくっついたリングを、もう一度
きれいな円状になるよう、手作業で叩いていきます。

STEP 15 表面から叩くことと、
さらに横からも叩く事により、
強度をあげていきます。

STEP 16 表面をヤスリでこすり、
きれいにもう一度仕上げます。

STEP 17 完成です。
厚み・幅・重さは、お客様の好みによって、変えられます。
作業工程も、お客様のご要望により、デザインが入ったり、
ダイヤモンドを入れたりと、様々なご要望に、
お答えすることができます。

工房の写真